翻訳家&通訳者エリーの部屋

とある日本人主婦英語翻訳家・通訳者のブログです。

翻訳家や通訳者になるために長期留学は必要か?

私の翻訳家や通訳者としての活動はまだまだ未熟で微々たるものですが、語学の道を志す次の世代の方々のために、私が実践してきた語学学習の方法を、僭越ながら紹介したいと思います。

私が持っている主な資格は、英検1級とTOEIC920点です。他には、過去の制度の資格ですが、ボランティア通訳検定A級を所持しています。

世の中にはいとも簡単に上記のような資格を取得してしまうスーパーキッズや天才もいらっしゃるようですが、私にとっては、そう簡単なものではなく、自分なりに地道に懸命に努力を続けてきた結果であると信じています。

語学を極めるには長期の留学が絶対必要だとお考えをお持ちの方も多いかとは存じますが、私は、この仕事をするために、長期の留学が必要不可欠だとは限らないと思います。留学経験はたしかにないよりあったほうがプラスだとは思います。しかし、私たちは今日、日本に住みながら留学と同じような環境に身を投じることが、不可能ではない時代に生きています。

ちなみに、私には少なくとも長期の留学経験はありません。渡航経験は、二週間程度の短期のホームステイが最長で、後はフリープランの海外旅行が数回程度です。

大学生になるまで、公立の学校や学習塾以外で英語を学んだ経験が、私にはほとんどありませんでした。それが今の私に、帰国子女のような人々とどんな違いをもたらしているのかは、少なくとも思想的、精神文化的には無視できないと思います。日本生まれの日本育ちのバイリンガルとして生きる事を選んだことは、私の生き方の選択に強く影響していると思います。

例えば、「親から授かった体には傷をつけてはいけない」という儒教的思想は、私が決してピアスや刺青に手を染めたことがないことに影響しています。日本国内で英語を学ぶということは、外国の文化的価値観を自分のものとせずに学ぶという結果を私にもたらしています。家族や目上の人々を大切にする文化的価値観や、女性としての役割意識など、もし海外に長期留学していたら、放棄していたかもしれない価値観を、私は強く抱いていると思います。

しかし、少なくとも、大人になってからであれば、異文化に接した時、自分が持っている価値観が、絶対的に正しいものではないということも理解できるようになります。もっとも、大人になってから受けるカルチャーショックは、子供の頃に同じ経験をするよりも大きな衝撃を及ぼすことが多いと思います。それについては、特に私のような存在にとって、大人になってからでもメンタル的な柔軟性が保てるかどうかに、この仕事を続けられるかどうかがかかっていると思います。

私が長期留学の道を選べなかった理由は、日本社会の階段を踏み外すことへの不安感が強かったことが大きいと思います。私の親にとって留学は、日本社会からの逃避のような感覚で捉えられていましたし、留学が日本で仕事に就くために必要不可欠であると考えられない環境で育った影響はとても強いです。

それでも、語学へのあくなき情熱に関しては、帰国子女に負けない自信はありますし、それなりに努力をしてきたつもりです。

まだまだ自己研鑽を続けたいという意欲だけは旺盛ですし、何よりやはり語学は楽しいものです。

近々、久しぶりに通訳の仕事頼まれる可能性があるので、ブランクを埋めるために語彙力とリスニング力を増強しようと、蔵書の山に埋もれていたアルクのPOWER WORDSを引っ張り出しました。最上級レベルで、英検一級のさらに上を目指す語彙レベルです。

ドライブ中にCDを聴いてリスニング力を鍛え、隙間時間に聴いた単語と例文の意味を確認する、という地道な勉強です。

通訳と言えば華やかなイメージを抱かれやすいですが、結局はこういう地道な努力の積み重ね結果として、お仕事の依頼を頂けるのです。地道な訓練を楽しむことができるようになることが、プロへの道に邁進できている証拠なのです。

f:id:EllyFP:20180414093602j:image

 

この英単語集、既に絶版になっているようで、Amazonで中古で購入できますが、中には2万円という法外な値段が付けられているレベルもあったので驚きました。大事な蔵書に価値が出ると嬉しいですね。